Lesson-14「グリーン周りのアプローチ」

 

このレッスンコーナーには「青木功プロ(名実共に日本の歴史上のNO1ゴルファー!」のビデオを添付しています。レッスンビデオですので色んな説明がありますが、何故ビデオを見て頂くかというのはただただ1点!青木プロの打ち方を見て欲しいからです。ビデオに紹介されるコメントは無視して下さい。打ち方だけを見て下さいね…!

 

今から私がご説明する事は全てのショットに当てはまる事なのです。これまでフルスイングでこの事をお話すると体全体を使った大きなスイングイメージに支障をきたしてはいけないと思い避けて来ました。しかし、これがゴルフスイングで一番大切な部分なのです。つまり、レイトヒット・ダウンブロー等、ボールを上から(正確には斜め上から)直接当てるという、ゴルフスイングで最も基本で最重要な技術を説明するのにこのコーナーが適当だと判断し、そして青木プロの場合はそれが極端に表れているスイングなのでビデオを添付しました。青木プロの場合は、ドライバーからパターまで全てダウンブロー的なリストを使った打ち方をされています。恐らく手首の力や握力が相当強いからだと思いますが、この打ち方にダフリはまずありません。ゴルフというスポーツ(スイング)は、ダフッている間は初心者だと思って下さい。勿論トップもダメですよ。しかし、上から直接ボールを打つというスイングのトップは、一般アマチュア初心者の方のトップとは違い、スピンがかかるトップなのです。想像して頂いたらお分かりになると思いますが、ココなんですゴルフの極意は‥!

 

特に、グリーン周りのアプローチでダフるのはもったいないですよね。かといってアマチュアのトップをするとグリーンを駆け抜け向こう側のバンカーやラフへあるいはOBになったりします(ゴルフ場というのは殆ど土地の関係上グリーン奥は狭くて危険な場合が殆どで必ずその為にバンカーを作ってあります‥)。青木プロはピッチ&ラン(20~30%くらいボールを上げて後は転がすというグリーン周りのアプローチが多いです。「あっ、トップした!」と思っても2~3バウンドくらいにピタッとブレーキがかかってスルスルとカップに近づいて行くアプローチです。つまり凄くスピンがかかっている訳です。その理由は、リストで打っているからです。テークバックをさほど取らず(短い距離の場合は全くテークバックはしません)、手首だけで打つのです。距離に応じて少しづつ腕を使ってテークバックしますが、基本はリスト打法です。

 

フェアウェイからのアイアンのフルスイングでもインパクト周辺ではリスト打法にならなければなりません。つまりレイトヒット・ダウンブローの為ですね。ボールを直接捉える為です。直接捉えれば少々トップして低い弾道でグリーンにオンしても驚くほどスピンがかかって止まります(ベントグリーンの場合ですが…)。この「インパクト時はリスト打法」という事をマスターして下さい。そしてグリーン周りの短いアプローチは殆どリストだけで打つという事ですね。

 

初心者の方でアプローチをテークバックするスイング打法をして失敗するケースをよく見かけます。これをやっているとスコアはまとまりません。そして、次回のレッスンコーナーである、アマチュアの殆どの方々が苦手なグリーン周りのガードバンカーショットにおいて、大変重要なヒントとなるのです。

 

最後に、最初の頃のレッスンで、青木プロの「ゴルフのスイング(インパクト)は、扇子をリストでピシっと開く時のイメージだ!」という事をご説明したと思いますが、その事がこのレッスンコーナーで理解出来ると思います。

 

では、ビデオをご覧下さい(映像の中身や言葉は気にせず打ち方だけを見て下さいね)。