Lesson-15「グリーン回りのガードバンカーショット」

 

ついにゴルフ技術の最終段階である「バンカーショット」のコーナーとなりました。ラス前です。次回の「パター」が最終章となります。パターのレッスンは当たり前のことを言うだけで、例えプロでも人夫々で多種多様の打ち方があります。要は、練習と経験の積み重ね有るのみ!なんです。ゴルフのレッスンとしてはこのバンカー編をもって最後(上がり)と思って下さい‥。

 

さて、これまでのゴルフスイングによるショットは全て直接ボールを打つ為のものでした。しかしバンカーショットは違います。直接打っちゃうとホームランとなってグリーンのはるか向こうへ飛んでいきOBとなります。また、バンカーには必ず蟻地獄の様な形状になっていますので、直接ボールをトップぎみに打ってしまうとバンカーの前方の土手に当たって脱出できません。コロコロと戻ってきたボールはたいてい打った後の穴ぼこか足のスタンスの穴ぼこへ入っちゃうんですよ。そうなったらアマチュアにとっては大変です。バンカーで2回も3回も叩いてしまうという結果になります。とにかく、バンカーショットというのは、砂ごとボールを運ぶという、今までの打ち方とは全然違う技法になります。まずその点を頭に入れて下さい。

 

その前にルールの事を申し上げておきます。バンカー内ではアドレス時にソール(クラブフェースの底をバンカー内の砂に付ける事)は出来ません。2ペナルティとなります。通常はフェアウェイの芝にソールを置いて構えてテークバックを始めますからその習慣が故に最初のうちは打ちずらいと思います。また、バンカー内は「あるがままの状態」で打たなければなりません。スタンスをしっかりとる為に靴を2~3回ぐるぐるっと回して砂に少し潜らせて足を固定させます(ショットの時に柔らかい砂の為に足場が動かなようにする為)。その行為以外は絶対にやってはいけないのです。やはり2ぺナです(色んなケースで例外もあります)。一番気を付けないといけないのが、打った球が出ずにバンカーに戻ってきてしまった。バンカー内での2回目のショットの前に、1回目の時の足場の穴場を足やクラブで混ぜながら整理する行為。良かれと思ってやっていても、バンカー内のボールがある以上は絶対に砂を動かしてはならない(スタンスの時以外)しクラブを砂に付けてはいけません。やはり2ぺナです。この行為は初心者の方だけでなくアマチュアには非常によく見かけます。『バンカー内にボールがあるときはあるがままの状態で打つ!』というルールを覚えておいて下さい。このレッスンは技術編・コースマネジメント編のスコアメイクの為の極意のレッスンですから、バンカーや池などのよくあるケースのルールについては勉強しておいて下さいね。

 

さて、前置きが長くなりましたが、写真を見て下さい。松山プロのバンカーショットのフィニッシュでス。目線を見る限り良いショットが出来たんでしょうね。ところで、物凄い量の砂が上がっています。砂と一緒にボールを打つわけですから当然なのですが、注目すべき点は、ボールの位置です。殆ど砂と一緒に飛んで行ってます。ボールが勢いよく先に飛んで行くという状態ではありませんね。しかも砂の高さとボールの高さが同じです(砂の状態にもよりますが…)。これがバンカーショットが描く景色なんです。どうすればこうなるのか…というてんいついて、難しいかもしれませんがイメージしながら読んで下さい。

 

アドレスはボールの5cmくらい後ろを打ち込むように構えます(状況によりますが一般的なバンカーショットで砂の状態も良い場合というにします)。フェースはオープンにします。オープンと言っても通常のショットのオープンとは違って、フェイスの先端ラインが開くほど寝かせます。シャフト側の最も分厚いソール部分でつ様なイメージです。そしてこれからいう事が大切です。「砂の中へ打ち込むのでは無く、ソール(底)をベタっとボールの5cmくらい手前に押し込み砂をフェイスの刃先で切り込むようにインパクトし、ボーズをその上に載せる!」様に打ちます。このとき、テークバックもしますが(距離によりますが砂と一緒に撃ちますので意外と思い切って下さい)青木プロ流のリストショットで打つのです。そうすれば、インパクトで「ドスン」というような音がして、ボールは砂に囲まれながら舞い上がって行きます。これがバンカーショットです‥。

 

この感じを知るまでには普通は相当かかります。出来る出来ないは別にして、貴方は既に知ってしまいました。このイメージレッスンをもって練習場でアプローチと、意識的に少しダブらせてバンカーの打ち方をしてみて下さい。勿論、これまで述べて参りました事は全て身に付けた上でのことですよ!全ては繋がっています。アプローチが私の言う上からボールを直接叩くリストショットが出来る様になれば、あとは徐々にテークバックを上げてスイングを大きくさせて行くか、あるいはクラブの番手を上げて行くことで全てが上手くなっていきます。つまり、私の理論ですが、『ゴルフスイングの極意はアプローチに有り!』という事です。お分かりいただけますでしょうか…?

 

さて、次回はいよいよゴルフレッスンの最終章「パター」です。ここをお読みになっている頃には、きっと貴方は、シングル街道まっしぐらに進んでおられる事と思います‥。