Lesson-13「ラフからのセカンドショット」

 

下記画像を見ながら読んで頂きイメージして頂ければと思います。

 

どんなに良いTショットを放ってもフェアウェイからランしてラフに入る場合はよくあります。そのケースは殆どがファーストカットと呼ばれる芝の長さが短めのラフです。これはもうフェアウェイと同じだと考えて下さい。普通にフルショットして頂いて結構です。ただし注意点があります。

 

アドレスでソールする時、写真で言えば左タイプになります。ダウンスイング(ダウンブロー)でボールを芯でとらえるインパクトが出来てもボールを捉える寸前で少し芝がフェイスとボールの間に入ります。インパクト時の振り抜きに少し力が必要になります。更にはフェイスの先っぽ(トウ側)が少しかぶる(クローズする)ようになりがちです。そうなると左方向へ打球が飛んで行ってしまいます。ですから、通常通りのスイングをするとは言え、普通にフォローからフィニッシュへ振り抜いてしまうとそうなってしまいますので、アドレスでややクローズに構えます。そしてしっかりとグリップしておいてインパクトでフェイスの先っぽが芝に負けてかぶらない様に、フェイスの面をそのまま保った状態でフォローします。なのでハーフショット(クウォーターショット)気味になります。振り抜く手を真っすぐ前に出すようになりますからフィニッシュが取りにくくなりますね。それで良いんです。フォローからフィニッシュへ早く巻き込むとボールは左へ飛んでいきますから。クオーターショットですからスイングの力は7~8割になります。かといってアイアンの番手を上げてはいけません(初心者の方は距離を上げる為に、あるいは失敗を見越して大きめのクラブを選ぶ方が多いですが実はそれは逆です‥)。少しフライヤーになってスピンがかからずグリーン上で止まりにくく転がりますから少し小さめのショットで良いんです。むしろ、インパクトでフェイスが返らない様にしっかりとグリップしたショットが出来るなら、一番手落してフルショットする方が正解です。その方が通常スイングとなってスライス系で球も高く飛びますから左へ飛びにくくなり、ボールも止まり易くなります。距離はフライヤーしていますので充分届きます。

 

次に深いラフの場合です。フェイスが返らない様にしっかりとグリップしてインパクト時のフェイスのままフォローするという点は同じです。写真は右側を見て下さい。

 

その前に大切な事を知っておいて欲しいのですが(この事を知らない人が多過ぎるので…)、ボールは芝に沈んでいます。しかしボールの下は未だ芝生状態でその2~3センチ下が土であるという状態になっていますのでそのシチュエイションをイメージして読んでください。つまり、芝生の中でティーアップされたような状態になっているんです。ですから、アッパーブローに打てるわけです。アドレス時のボールの位置は通常より少し左目にポジションさせます。スイングは今まで申し上げてきたとおりです。足場をしっかり、膝を少し曲げ、下半身や上半身が前後左右にスウェイしない様、頭を動かさずに肩を回し切り返しで反動をつけ手だけでダウンスイングするイメージですね‥。この場合フェイスを少しオープンにします。物凄く芝がフェイスに絡んで来ますからインパクトでフェイスが返り更に左へ飛んで行来易くなるからです。またTアップしてるボールをアッパーブローなスイングをしインパクトでフェイスの上にボールを載せる感じのショットですから、インパクト時にフェイスが返らない様にややオープンにしておきます。オープンフェイスのもう一つの理由は、多くの芝をかき分けてボールを打つ訳ですから、芝の抵抗を抑え芝を切るようにスイングする為という理由もあるのです。

 

クロスバンカーと同じく、グリーンを狙うショットではありません。第三打目が打ち易い状態のポジションへ運び出すというショットになります。しかし芝の抵抗が大きい為、フルスイングでは無いにしてもしっかりとした力のあるインパクトが出来るスイングを心掛けて下さい。この時も、Tショットが失敗した訳ですから謙虚に反省してパーは即座に諦めます。第三打のアプローチショットで2パット圏内にグリーンに乗せる勝負へと頭を切り替える事が大切です。一喜一憂しない!少しでもいいスコアで上がると考えずに、少しでも悪くなるスコアをミニマイズする!というコースマネジメントがとにかく大切です‥。

 

一つアマチュアの方々によくある間違いを指摘しておきます。総体的に初心者の方はじめアップハンディのアマチュアの方は、深いラフに入ると、ボールに当てる事が難しくなるためアドレス時にボールを右足寄りに置くプレーヤーが非常に多い。先ほども述べた様に、ボールの下はまだ少し芝生状態です。フェイスをクローズにして上から打ち込んでしまうとボールの下を叩く事になり殆ど飛んでいきません。ラフからラフへという状態に陥ります。私が述べた打ち方と正反対なのです。深いラフのボールはTアップされた状態であるというイメージを全く持っていないからそんな結果になるのですね。こういう事をレッスンプロは教えてくれません。しかしアマチュアがスコアを乱す要因には、このようなボールシチュエイションを知らないままゴルフをしている為に起こっている事が意外と多いのです‥。