Lesson-12「フェアウェイバンカーからのショット」

 

私が思うに、アマチュアにとってこのショットが一番難しく、プロとアマの技術の差が一番大きく出るショットでは無いでしょうか?

 

まず、バンカー内のライにもよりますが、プロのトーナメントで見るバンカーはキャディさんが次のプレーヤーの為に全体を綺麗に仕上げますので、TVなどで見てもいつも平らな状態でボールがさほど沈んでいません。我々がプレーするバンカーはデコボコですしボールも沈んでいる状態がよくあります。だから難しいという訳ではありませんが、だからより難しいという意味です。

 

フェアウェイバンカーからグリーンを狙うという考えは捨てて下さい。出来るだけグリーン近くまで運ぶという考え方です。ですから選択するクラブは、決してグリーンまでの距離で選ぶのでは無く、ボールに直接当てる自信のあるクラブを選んで下さい。打つ方向がアゴになっていれば高く上がるクラブにしないといけません。また、バンカーとグリーンとの間に池が有ったり深いラフが続いていたりすれば、狙う方向も変え確実にフェアウェイに出せる方向へ打ちます。アマにはそういう謙虚さや確実性を重視したショットが求められます。

 

打ち方ですが、これまで述べたスイングは全てフェアウェイからを前提にして来ました。今度は足場が簡単に動いてしまう砂の中です。しかも、ボールが少し沈んでいる為フェアウェイより芯でとらえるのが難しくなる。つまり体全体を使ったフルスイングをすると間違い無く手前の砂にダフルかトップしてバンカーから脱出出来なくなります。スイングのイメージとしては手打ちです。足場を固定し膝を少し曲げて下半身も上半身も動かない様にしっかり固定したままの状態で肩を回し上半身をひねり頭を右側に残し両足がべた足で手だけで打つイメージです。ボールの位置は通常より右足寄りになります。とにかく、ボールにクリーンに当てる事最優先のスイングとなります。一番大切なのは、これまでも述べて来ましたが「ダウンブロー」です。下半身上半身を開いてすくい上げるようなスイングになると必ずダフリます。

 

頭で想像して頂いてもイメージが湧くと思いますが、とにかくフルスイングなど出来ない窮屈感を感じると思います。実はここに最終的に仕上げるゴルフスイングの姿があります。バンカーじゃなくても浅いラフでもフェアウェイでもボールを芯でとらえる事がゴルフスイングの一番の目的です。それが出来てから、肩を十分に回し体も十分に捻り切り返しで反動を活かしコックも使いながら速いヘッドスピードを可能にさせ飛距離を出して行く…、この道筋がゴルフ上達へのスイング理論です。

 

つまり、フェアウェイクロスバンカーからのショットが上手な人はゴルフが凄く上手い!ゴルフが凄く上手い人は必ずクロスバンカーショットが上手い!ということになります。プロはバンカーからウッドを使ってフルスイングしグリーンに乗せたりしますからね。我々はそんなこと絶対にやってはいけません! Tショットを曲げてフェアウェイバンカーに入っちゃったら、もはや3オン狙いに頭を切り替える!これがスコア勝負のスポーツのマネジメントです‥。