Lesson-9「スタンスの取り方について!:セカンドショット編」

 

 「スタンスの取り方=打球の方向の定め方」という意味ですので理解しておいて下さい。前回述べましたように、スコアに大きく影響する重要なゴルフ技術(心得)です。練習場で幾ら素晴らしい球を打っていても、コースに出て「狙い目」を間違うと、例え良い球でもOBになったりトラブルになったりします。スコアメイクの鍵となるポイントです。プロが良く言う「コースマネジメント」ですね。ここに私がタイトルに掲げています、「ゴルフは知恵と工夫の頭のスポーツ」の一端があります。

 

 さて今回はセカンドショットでグリーンを狙う時の、スタンスの取り方=アドレス=目標の定め方、についてお話いたします。写真を見て頂くと私が言いたい事がお判り頂けると思います。ピンはグリーンの左端に有ります。このプロは(プロはややオープンスタンスに構える事を含めて見ると)完全にピンを狙っていません。少しオープンスタンスであればグリーンの右サイドを狙っています。恐らくドローボールで右から回そうとしているのだと思います。そしてもしあまり曲がらない球であったとしても、グリーンの右サイドにはオンします。ここがポイントです。セカンドショットでグリーンを狙う場合、ピンの位置とは逆の方を狙います。そこからピン方向へ曲がる球を打てれば最高ですが、その事は今は置いておいて、真っ直ぐのショットを仮定したとしても、ピンとは逆のグリーンの場所を狙います。まずこの事を鉄則として頭に入れておいて下さい。

 

 では、我々の場合はどうか?…という事ですが、再三申し上げている様に、アマチュアはスライス系のフェードボールに徹して下さい。間違ってもフックしない最悪真っ直ぐ行く球筋を身に付けて下さい。この写真のポジションでご説明しますと、ピンの少し左側で、もしまっすぐ行ったとしてもグリーンを外さないぎりぎりのグリーンエッジ辺りを目標にスタンスを取り、前回申し上げたように、身も心もそこを向いて本気でそこを狙ってショットします。恐らくピンの少し右に落ちて少し右へ転がってグリーンの右側にオンする事になります。我々フェード系のアマチュアにとっては、ピンが左端にある場合はピンそばには寄りません。そこはサクッとあきらめます。しかし、グリーンの右サイドにピンが切られている場合はチャンスになりますね。ゴルフというのはこういうコースコンディションの繰り返しで、如何に不利な状況を克服し恵まれたケースをものにするかがコースマネジメント力と言えます。ゴルフのショットのうまさとは別のものです。少なくともパワーとは何の関係もありません。「知恵と工夫の頭のスポーツ」である事をお分かりいただけると思います。

 

 もう少し現実的に解説します。まず、我々フェード系のアマチュアがこの写真の位置からセカンドショットを打つことは少ない筈です。ドライバーショットのボールが最終的に止まる位置は殆どフェアウェイの右サイドになります。この写真で右サイドからグリーンをフェードボールで狙う場合を想像してみて下さい。ほぼピン方向を真っ直ぐ狙う事になります(それ以上左を狙うと真っすぐ飛んだ場合にグリーンを外しますから)。そしてフェードして飛んで行ったボールのベクトルを考えると、ピンの右側に落ちて少し転がって止まる訳ですが、その位置は先ほどよりピンに近いポジションになると予測出来ますね。これは物理学的にそうなるのです。ですから、Tショットできちっとフェードボールを打ってフェアウェイの右端にポジションさせておけば、このピンポジションの難易度は少しミニマイズできることになります。お分かりいただけますでしょうか?イメージレッスンが大切です。

 

 もう一つ大切な事。とにかくピンを真っ直ぐ狙う事はしないという事はお分かりいただけますね。何故ならフェードボールを打つからです。ピンより左側を狙います。しかし、間違ってもグリーンを外してはいけません。もしまっすぐ飛んで行ったときでもギリギリグリーンを捉えるところまでにしておくという事です。もし、ピンそばを意識してしまったら、グリーンより左方向から回そうとします。もし風の影響などもあって真っすぐ突き抜けてしまったらトラブルです。私からの重要なワンポイントアドバイスは、どんなに長いロングパットが残ってしまっても、パーを取れる確率は、グリーンを外した場合よりも高いという事です。グリーン上にはブッシュもOBもありませんからね。言い換えれば、プロの「ピンをデッドに狙う」という言葉は、私達には「グリーンを狙う」と置き換える事です。決してピンを意識してはいけない!‥という事を肝に銘じて下さい。‥ということで、今日のレッスンはここまでとさせて頂きます。極めて重要なお話でした。(つづく)