Lesson-4「スイングについて!その②:トップ」

  前回は、主に「テークバック」についてお話しました。テークバックの次はダウンスイングについて…!と、思われるでしょう?その間があるんです。実はここんところがゴルフスイングで最も重要なポイントなのです。いずれ詳しくお話します(皆さんの理解と腕前が上がって来た頃に!)。今回はポイントを私なりの解釈でお話します。イメージレッスンを兼ねて(「究極のスイング」ビデオを見ながら…)お読み下さい。

 

 

1.俗に言う「切り替えし」とか「溜め」とか呼ばれている部分です。つまり、テークバックの最後の位置(「トップ」)から、ダウンスイングに入るタイミングの様な部分です。トップからすぐにダウンスイングへ移らずに、ベストなダウンスイング(ヘッドスピード、芯でボールを捉える、体がぶれない…等)をする為の態勢づくりみたいなものです。

 

2.プロ野球が、近年、ゴルフスイング理論を取り入れています。特に、この切り返しの部分の事を指しています。実は、世界の王選手や世界のイチロウ選手の一本足打法というのは、ゴルフで言う切り返し部分の野球盤の象徴です。一本足ではありませんが、タイミングとして同じ様なスイングをしていたのが3冠王で有名な落合選手です。全盛期の清原選手も同じタイプです。これらの選手に共通するのは、「凄い記録を残しているバッター」であることは間違いありませんが、もう少し細かく分析すると2つポイントがあります。

①1つは、逆方向への流し打ちが、それまでの野球の単に充てるだけでは無くフルスイングして大きなあたりも打てている事(王選手の場合は王シフトでインコースばかり投げて来られるため右方向へ打つ機会が少なかったのですが)!

②2つ目は、思いっきり降っているように見えないスイングである事!

この2点です。

 

3.野球界を代表する長嶋選手(私大ファンです)は、あまり右方向へのホームランはありませんでした。この大きな違いは、長嶋選手のスイングは、まず左へ足を開いて体重移動し両足を地面に踏ん張って体全体の回転でフルスイングします。しかし、前者の方々は、極端に言うと、ボールを打つ時はまだ足が上がって居る状態で、左足が地面に着く前にボールを上半身の回転でヒットしている!というスイングです。だから、力が入って無い様に見えちゃうんですね。

 

4.実はこのスイングこそ「ゴルフに求められるスイング」なのです。トップの時に重心がやや右に移り少し上がっている左足のかかと(全く上げない人もいます)が、地面に着く前にダウンスイングを始めインパクトの時に着く。右足かかともインパクトで上がらず地面に着いた状態になっている(べた足とよく言われています)状態のスイングです。このスイングを可能にする為には切り返しが重要な役割を担う事になります。

 

5.ゴルフも、野球の選手と同じように(それ以上に)、打率(芯でとらえる)もホームラン(真っすぐ遠くへ飛ばす)も確立が勝負のスポーツです。私が申し上げている事は、単なるスイングの個性を述べているのでは無く、こうすることで非力でも遠くへ飛ばせて、ダフッたりトップしたりすることが減り、ボールも真っ直ぐに飛んで距離感のコントロールもし易いからなのです。左への体重移動を先行させた体全体での満振りは、実は見た目より飛んでいませんし真っ直ぐに行き難い。初心者の多くがこういうスイングになっています。

 

6.単に無理してべた足でスイングするのでは意味がありません。インパクトで最高のヘッドスピードを出せてボールを正確に飛ばす!為の、「切り替えしによるべた足」でなければなりません。これが出来ると、エクスプロージョンバンカーショットも、ダウンブローに打ち込む短いアプローチも、全てイージーになって行きます。

 

 

 今回のレッスンでは非常に大切なポイントをお話しました。何度も言いますが、あくまでもゴルフを始められた一般アマチュアの方々が、1年でシングルになる為の「極意」についてお話しています。シングルでも5下のローハンディの方やプロゴルファーはその先の理論が存在します。しかし、決してそれを真似てはなりません。また後半に詳しくお話しますが、今回は「究極のスイング」ビデオを見ながら皆さんなりに理解を深め練習場で何度も試して下さい。ただし、ぎこちないスイングの途中で止まったりするようなスイングは駄目ですよ!「切り替えし=溜め=間」と申し上げましたが、ビデオで見て頂けたらお分かりになりますが、スイングはあくまでもワンピースに流れています。ですからほんのちょっとした意識(動作)で、だから「極意」なんです!!!

 ※松山プロは少しトップで止まっているように見えます。また世界を制覇した女子プロの岡本プロもトップでクラブを動かす様に見えたりします。これら全てが切り返しです。プロにとっては一連の流れるワンピーススイングの一つ(最重要通過点)です。