Lesson-3「スイングについて!その①:テークバック」

 

ゴルフのスイングは、「テークバック」で全てが決まると言っても過言ではありません。例えプロでもスイングにはそれぞれ個性がありますが、重要な共通点を5つ申し上げます。

 

1.左肩は90度以上回す。しかし腰は回転させない。また膝やかかとも動かさない。頭は絶対に動かさない(ボールの位置よりやや右に)。つまり、上半身だけの回転である。

2.テークバックは、クラブを含め腕全体で動きだし、右に水平になったあたりから手首(コック)をスイングプレーン(面)に合せて曲げて行きトップで90度前後曲げる。

3.右肘少し絞り右脇は締めておく。このことはアドレスからインパクトまでキープする。

4.左手はアドレスからテークバック、トップからフォローまでずっと伸ばしておく。

5.頭はアドレスからフォローまで、ややボールの右側にあり全く動かさない。

 

※つまり、ゴルフスイングは、体重移動は殆ど無く、スイングの勢いで下半身が少し左へ動くものの、殆ど、「その場(アドレスの構え)」での上半身の回転である。