Lesson-2「スイングの重要ポイント!」

 

 プロのゴルフスイングをTVで見たりしますと千差万別のように感じます。しかし、ボールを常に芯で捉え、真っ直ぐにより遠くへ正確に、打つ為の幾つかの重要ポイント個所はどのプロも皆同じです。これはゴルフの絶対的条件と言えます。アマチュアがシングルプレーヤーを目指すにあたってもその重要ポイントを備えなければなりません。以下に記します。

 

1.テークバックで左肩は90度以上回す。

2.テークバックで右手肘は絞り脇を閉める(前回説明通り)。

3.トップでは左手をしっかり伸ばす(肘が曲がらないようにする)。

4.トップでは左膝を少し曲げてゆとりを持たす。

5.ダウンスイングは腕で振り下ろす(腰や膝から動かさない)。

6.ダウンスイングでは右肘は曲げたまま脇は絞ったまま。

7.インパクトでは顔はボールより右にある。

8.インパクト時に右足かかとが差ほど上げない。

9.インパクトではゆとりを持たせた左足膝を我慢して曲げたままキープする。

10.インパクトで腰や肩は回さない(つまりアドレスの再現状態となる)。

 

 このくらいまでにします。これらは、「究極のスイング動画」を見ながらチェックして下さい。1~10が全てマスター出来ると、野球のスイングの様に力んだ動きでは無く、まるで思いっきり振って無いかのような力の抜けたしなやかなスイングが完成します。この、フルスイングであるにも拘らず力が入って無いかのように見えるスイングこそ、ゴルフならではの「極意の結集」と言えます。

 

 ゴルフは飛ばす競技では決してありません。スコアの競技です。ですから常に安定したゴルフを求められます。その為の近道を、私はアマチュアの皆様に伝授して参ります。

 つづく…。